シニアになるとお金を借りにくくなる

退職してシニアになると今までのような安定した収入を得るのがむつかしくなってきます。最近では65歳を過ぎると退職し会社に勤めていた方も第二の人生を歩むことになります。
退職するわけですから今までのような安定した収入が得られなります。
毎月決まった収入がないシニアに対してお金を貸すのは貸す側
にとってリスクが高い返済されないお金になる可能性が高いです。

自営業で働いているなら65歳を過ぎて安定した収入を得ているシニアや高齢者もいます。それでも病気やケガなどで働けなくなった場合に返済が滞るリスクが高いといえるでしょう。

それでも元気な65歳、69歳、70歳の年齢を超えていない
シニア・高齢者であればカードローンでお金を借りることは十分に可能です。

まずは、簡易審査や電話窓口の相談でお金を借りられる
を確認するのがいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ